避妊薬はコンドームより効果的

日本の避妊で一番メジャーなのはコンドームですがそれよりも確実性が増すのが避妊薬のピルです。今は妊娠したくないと考えている方は服用することをお薦めします。しっかりと人生プランを立てて計画的に子作りしましょう。

避妊薬を購入して服用を開始するときの注意点

避妊薬は緊急でない限りは低用量ピルが使用されるのですが、この薬の開始日は生理の初日となっていて、その日に飲むことができなかった場合には2週間程度は避妊効果が弱くなるので妊娠する確率が高まってしまいます。避妊薬は一般的には婦人科の病院で処方されるのですが、病院が近くにない場合などにはメディカウなどのネット通販を利用して手に入れることができます。この場合に気を付けておきたいことは、避妊薬の服用開始日を守ることで、この薬は開始日を守らなかったり、服用を忘れてしまうと効果が半減してしまうので、妊娠しないと思い込んでセックスをして、実際には妊娠してしまうというケースが数多くあります。メディカウで避妊薬を購入する場合には使用上の注意を良く読んでから服用することが重要です。また避妊薬として使用されている低用量ピルに関しては血栓症のリスクを高めるという副作用があるので、メディカウで購入する場合には血栓症の初期症状に関する情報を知っておくことが必要になります。また避妊薬を服用するときに喫煙をしている場合には血栓症のリスクが非常に高くなるので、禁煙をしてから服用する必要があります。血栓症が起きる確率は10万人の服用で150人程度なので1000人に1人程度の割合なのですが死亡したケースも2件ほどあるので、血栓症が起きた場合の対処を事前に知っておく必要があります。避妊薬は低用量ピルの他にも緊急避妊薬の中用量ピルなどがあるのですが、作用が同じでも服用方法が異なっているので、必ず確認をしてから服用をしなければなりません。また緊急に服用する場合にはセックスをした後の72時間以内に服用しなければならないので、早目に医療機関を受診することが重要です。