避妊薬はコンドームより効果的

日本の避妊で一番メジャーなのはコンドームですがそれよりも確実性が増すのが避妊薬のピルです。今は妊娠したくないと考えている方は服用することをお薦めします。しっかりと人生プランを立てて計画的に子作りしましょう。

避妊薬のダイアンでにきびを改善

にきびができる原因の1つに挙げられるのが、「ホルモンバランスの乱れ」です。
特に女性はホルモンバランスが乱れる事で、できやすいと言われています。

女性の体では卵胞ホルモン、黄体ホルモンという2種類の女性ホルモンが分泌されています。
さらに男性よりは格段に少ない量ですが、男性ホルモンも分泌されています。
ストレスや加齢などが原因で、女性ホルモンのバランスが崩れてしまうと、女性ホルモンよりも男性ホルモンが優位になってしまうのです。
男性ホルモンは皮脂の分泌を増加させる作用がある為、女性ホルモンのバランスが崩れると、にきびになりやすい肌状態となってしまいます。
女性ホルモンの乱れが原因のにきびは、あごなどフェイスラインに特に、にきびができやすい為、フェイスラインにトラブルが起こりやすい方は注意しましょう。

女性ホルモンバランスの崩れが原因で起こるにきびは、避妊薬で解消する事が可能です。
避妊薬の中でも特に、日本人女性にお勧めなのが「ダイアン」です。
ダイアンはアジア人女性に向けて、作られた避妊薬と言われています。

避妊薬は以前から日本でも処方されてきましたが、中には吐き気や頭痛といった症状を感じる女性も少なくありませんでした。
ダイアンはアジア人女性の為に作られた避妊薬という事もあり、日本人女性が服用しても、副作用の心配はほとんどありません。
また、ダイアンは低用量ピルですので、中用量・高用量のピルよりも元々、副作用は出にくいと考えられます。

ダイアンには人工の卵胞ホルモンと、黄体ホルモンが配合されており、服用する事で女性ホルモンのバランスを整える作用が期待できます。
皮脂分泌を増加させる男性ホルモンを、抑える為、徐々ににきびは改善していくでしょう。