避妊薬はコンドームより効果的

日本の避妊で一番メジャーなのはコンドームですがそれよりも確実性が増すのが避妊薬のピルです。今は妊娠したくないと考えている方は服用することをお薦めします。しっかりと人生プランを立てて計画的に子作りしましょう。

避妊薬で生理を起こした場合と堕胎薬について

性行為の最中にコンドームが外れてしまったりとか、ついつい場の雰囲気に飲まれてなどで避妊に失敗するケースがあります。それが排卵日付近ですと妊娠の可能性が高くなってしまいます。妊娠を希望してない女性ですと、妊娠すると最悪の選択をしなければならないケースもあります。そのような場合は緊急避妊薬、モーニングアフターピルを処方してくれる産婦人科に相談すると良いでしょう。72時間以内に服用する必要があるので注意しましょう。緊急避妊薬を利用して生理を起こした場合、一番多い理由は妊娠しやすい日なのにコンドームを使用せず膣内に出してしまったと言うものです。中には強姦されてしまったなど、深刻な状況もありますがパートナーと注意すれば服用しなくて済むケースが多いです。経口避妊薬の避妊成功率は高いですが100パーセントではありません。また、倫理的問題もありますし、とにかくしっかりと正しい方法でコンドームを使用する事が大切です。
一方、日本では認められていませんが、堕胎薬というものが合法的に認められている国があります。例えば、アメリカなどが上げられますが、医師の処方箋が必ず必要な薬です。中絶薬は、妊娠7週目以内に口から服用して黄体ホルモンの作用を弱めます。場合によっては子宮収縮約なども併用して赤ちゃんを薬で堕胎します。薬の働きは強く、腎臓に病気のあるひとなど特定の慢性疾患のある方の服用は禁忌です。また、正常妊娠ではない場合なども服用できません。ですから、素人判断で服用するのは危険ですし命に関わる場合もあります。最近は、海外サイトで堕胎薬が売られている事もありますが危険ですから輸入はやめましょう。また、日本では堕胎を医師の診察無く個人的に行う事は法律に反します。堕胎薬を入手して堕胎を行う事事態が違法になります。避妊に失敗したさいは、緊急避妊薬を処方してもらう方法があることを覚えておくと良いでしょう。