避妊薬はコンドームより効果的

日本の避妊で一番メジャーなのはコンドームですがそれよりも確実性が増すのが避妊薬のピルです。今は妊娠したくないと考えている方は服用することをお薦めします。しっかりと人生プランを立てて計画的に子作りしましょう。

避妊薬で更年期障害を打破

日本の女性が閉経を迎える年齢は50歳といわれており、50歳の前後10年間、45~55歳の間を更年期といいます。この更年期に心身に現れる様々な症状を更年期障害と呼んでいます。更年期障害の症状として体には、のぼせや異常な発汗、めまい等の症状、精神的には憂うつな気分やイライラ、不安等の症状があります。症状は人それぞれですが、日常生活に支障がでるようになり病院での治療が必要となることもあります。家庭や仕事で休むことなく働いている女性にとって更年期障害を少しでも軽くしたいところです。近年では、更年期障害を予防をするために避妊薬を服用する女性が増えています。更年期に入る前の早い段階から避妊薬を服用することで更年期障害を予防することができます。ここからは避妊薬が更年期障害の予防をする仕組みについてみていきましょう。女性の体内にある卵巣には卵胞ホルモンと黄体ホルモンが存在しています。この2つのホルモンは排卵を促し、子宮内膜を厚さを変化させることで精子を迎える準備をしています。更年期には女性ホルモンの1つである卵胞ホルモンが、急激に減少していくためにホルモンバランスが乱れて更年期障害がおきます。ホルモンバランスが崩れたことで自律神経が乱れて様々な症状がでてしまうのです。避妊薬には卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれており、服用することで減少した卵胞ホルモンを体の外側から補うことができるので、乱れた自律神経を正常に戻していきます。女性ホルモンが減少する前の更年期に卵胞ホルモンを補っておくことで、症状を軽減することができます。避妊薬に含まれる女性ホルモンには、避妊効果だけではなく更年期障害を予防する効果もあるのです。