避妊薬はコンドームより効果的

日本の避妊で一番メジャーなのはコンドームですがそれよりも確実性が増すのが避妊薬のピルです。今は妊娠したくないと考えている方は服用することをお薦めします。しっかりと人生プランを立てて計画的に子作りしましょう。

月経血コントロール治療に用いられる避妊薬

毎月の生理時に、月経量が多く悩んでる女性は少なくありません。
最近は成人した女性だけでなく、10代の若い女性でも月経量が多い症状に悩んでいる方が増えています。

月経量が多くなる原因と言われているのが、子宮内膜です。
排卵すると女性は「黄体ホルモン」という、女性ホルモンが分泌されます。
黄体ホルモンは子宮内膜を厚くし、受精卵が着床しやすい環境を整えてくれるホルモンです。
黄体ホルモンがしっかり分泌されないと、無月経となったり不妊など様々なトラブルを起こします。
女性にとって大切な黄体ホルモンですが、分泌量が多いと子宮内膜が厚くなり過ぎてしまい、月経量が増加してしまうのです。

婦人科などのクリニックでは、月経血コントロール治療のため、避妊薬を処方しています。
避妊薬には黄体ホルモンの他に、卵胞ホルモンという女性ホルモンも配合されています。
卵胞ホルモンも体の中に取り込める為、子宮内膜が厚くなるのを抑制する作用が、避妊薬にはあるのです。

子宮内膜の増殖を抑える作用があるので、避妊薬を服用する事で月経血コントロールする事が可能です。
ただ、未成年ピル処方してもらえるか、心配という10代の女性も多いかと思います。
避妊薬「ピル」といえば、やはり性交渉のある女性が飲むというイメージがあり、10代では抵抗を感じるでしょう。
ただ、多くのクリニックでは月経血コントロール治療のため、未成年ピル処方を行っています。
ピルは生理が始まったら、服用しても大丈夫な薬なのです。

また、最近はピルを10代のニキビ治療として、処方するクリニックも増えつつあるようです。

10代でも診察で医師が必要と感じたら、問題なく未成年ピル処方をしてもらえるので、まずはクリニックに相談してみましょう。